【Vainglory】2018年サマーシーズン人口考察をしてみた

Vaingloryのお話になりますが、このゲームどのくらいのプレイヤーがいるんでしょうか。
マッチングがマッチングがマッチングがってよくtwitterで見かけます。

そこで2018年 SummerシーズンのVainglory人口(IGN)について私たちなりに調べてみましたので考察して行きたいと思います。

前提条件

  • Python
  • Mysql
  • Csv
  • Matplotlib
  • Sequel Pro
  • API
  • Tier7以上を対象
  • データの捏ち上げは自由(笑)
  • 協力者:syatinさん

1回以上プレイ

EAサーバ思った以上に人数いますね。驚きです。どこの地域も電撃>5vs5>3vs3の順になっているので、3vs3のユーザが移行していることが見てわかります。

30回以上プレイ

30回以上プレイ、いわゆるActiveユーザ層は5vS5がメインとなり、5vs5>電撃>3vs3となりました。

5vs5が大会が多く開かれているのでそれが影響しているんだと思います。
EAサーバ思った以上に人が多くてびっくりしました。  

最後に

久しぶりにグラフを作成したり、大学の論文を書いているみたいで疲れました。

Vaingloryはお友達と一緒に33,55,電撃で遊びましょう。このゲームは人脈ゲームです。時間が合えば是非誘ってください。時間が合わなければまた次の機会で遊びましょう。

たまにtwitchの方でゲームをやっておりますのでよかったら観に来て下さい。フォローおよびSubscribers登録をお願いします。

!Subscribers 登録ありがとうございます!

  • VG_NewCandy
  • syatin2

コメントやお問い合わせも随時募集中です。

おわり つ ) 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です