【iPad】Apple Pencil 2を購入しました。

11インチ新型iPadProの購入から日が経ちましたが、
Apple Pencil2を購入しました。

すべてを書きかえる、まったく新しいApple Pencil

Apple Pencilは、絵を描いたり、メモを取ったり、書類に注釈を加える時の使い心地に基準を打ち立てました。
それは、直感的で、精密で、魔法のよう。
新しいApple Pencilは、その体験を次のレベルに引き上げます。
これからはワイヤレスでペアリングや充電ができます。
ダブルタップで、例えば鉛筆から消しゴムに簡単にツールを切り替えられるようにもなりました。
さあ、Apple Pencilを手に取って常識を書きかえましょう。

より多くのことを、よりシンプルに

新しいApple Pencilは、iPad Proの側面に磁力でしっかりカチッと取りつけられます。
取りつけるとあなたのデバイスと自動的にペアリングされて充電ができるので、いつでもすぐに使うことができます。
さらに、Apple Pencilの新しい操作方法も加わりました。
これからはダブルタップするだけでツールを切り替えられるので、もう作業の流れを止める必要はありません。

あなたの芸術に、芸術的なイノベーションを

Apple Pencilは、どんなアイデアが浮かんだ時にも最適です。メモをすばやく書き留めたい時も、水彩画を描く時も、現場で建物を設計する時にも使えます。
しかもApp Storeには、Apple Pencilでできることを一段と広げる様々なアプリケーションがそろっています。
何をする時でもApple Pencilは簡単に使えるので、そう簡単には手放せなくなるでしょう。

ここまで先進的だと、ここまでなめらか

Apple Pencilには、その使い心地をどこまでも直感的なものにするために開発されたテクノロジーが詰め込まれています。
感知できないくらい微小なタイムラグとピクセルレベルの精密さが、普段から使い慣れた筆記用具や絵筆を使っているかのような感覚をもたらします。

なぜ購入したか

もともと10.5インチのiPadProを使用しています。そちらでApplePencilを使用していました。
ApplePencil2でiPadPro10.5インチは使用不可ということは知っていましたが、
ApplePencilでiPadPro11インチは使えるものだと思っていました。
互換性がapple商品はわかりずらい。
また、11インチのiPadProに保護フィルムを付けると指のタップ反応が悪くあまり使っていなかったので、気付くのが遅れました。

第3世代のiPadProはLiquid Retinaディスプレイを使っているので、
そもそも保護フィルム等は不要とのことも調べてわかりましたが、それでも高価なものだし大切にしたい。

ApplePencil2の画面反応はいいので、購入してよかったです。
(指で画面が反応してくれていない私の手って一体・・・)

ApplePencilとApplePencil2の違い

重さや長さが違います。前のモデルよりも軽量化され、短くなっているので、移動等外で使用しやすくなったイメージです。
あとは、ダブルタップすると機能が変わるとのことですがいまいちどこをダブルタップすれば良いのかよくわかりません。
(ツールの切り替えは何度かありますが、反応がマチマチです。)

Point
軽量化されていて使いやすい。
指よりも反応してくれる

最後に

たまにtwitchの方でゲームをやっておりますのでよかったら観に来て下さい。フォローおよびSubscribers登録をお願いします。

Subscribers 登録ありがとうございます!
VG_NewCandy
syatin2

コメントやお問い合わせも随時募集中です。

おわり つ ) 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です