気持ちの入れ替えとお薬手帳

こんにちは、こぉたむ@kootamsです。

精神医科に行ってみて、3日がたちました。思っていたよりも気持ちは楽になったと思います。
はい、さて、表題にもある通り、薬のことと前回書ききれなかった医者に言われたことをまた書いていこうと思います。

スポンサーリンク

スルピリド

スルピリド(Sulpiride)は、定型抗精神病薬の一つで、日本国内では統合失調症、うつ病および胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療薬として承認されている。かつてよく用いられた薬剤である。ヨーロッパでは販売されているが、北アメリカでは承認されていない。商品名は、ドグマチール、アビリット、ミラドールなど。ハイリスク薬である。アカシジアや錐体外路症状を起こすことがある。

出典:Wikipedia

この薬は毎日食後に飲んでいます。抗うつ剤であり、胃の薬でもあります。副作用も今の所気になりません。

セパゾン

脳にあるベンゾジアゼピン受容体に結合することにより、抑制性の内因性リガンドであるGABAの作用を増強し、神経の興奮性を低下させる。

出典:Wikipedia

こちらは朝と夕方の食後に飲んでおります。副作用として、眠くなったりするらしです。
ただ、朝はいつも眠いので、どうなんでしょうか

ベムソムラ

スボレキサントは、オレキシン受容体における拮抗作用を介して、不眠症における治療効果を発揮する。覚醒促進神経ペプチドのオレキシンAとオレキシンBが、オレキシン1受容体およびオレキシン2受容体に結合するのを阻害することで、覚醒状態を抑制すると考えられている。オレキシンAとオレキシンBは覚醒を維持しており、人ではオレキシン神経細胞を慢性的に損失することが、ナルコレプシーと関連している
ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系のように睡眠を促すのではなく、スボレキサントは覚醒状態を抑制するため、GABAに影響を及ぼし習慣性と依存性があり短期的な使用が推奨されるベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系とは異なった副作用により、長期的に使用できるとされている。

出典:Wikipedia

そして、これが睡眠薬です。初めての睡眠薬なのど、心配なこともありますが、今は日付が回る前に眠れるようになりました。

あと、医者の方にはエナジードリンクを飲むなと言い伝えられました。
ごごにカフェインを入れるのも禁止だそうです。

少しずつ、ブログの方更新できたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です