【CCNA】TCP/IPプロトコル

昔も取り組んでいましたが、継続的に学習をしないと効果が出ません。

こちらのブログは、管理人のKootam氏がネットワークの資格試験
【CCNA】に合格するための「たむログ」である。

主に赤本という問題集で間違えた問題や
Ping-tで間違えた箇所を覚える(暗記)するために
まとめていきます。

IPヘッダ内のTTL

IPヘッダ内のTTLは

Point
IPパケットのループを防止する。

IPの上位層プロトコルを識別するためのフィールド

IPの上位層プロトコルを識別するためのフィールド

Point
プロトコル番号。

ARP

ARPとは

Point
IPアドレスからMACアドレスを解決する。

ICMP到達不能メッセージ

ICMP到達不能メッセージは

Point
宛先に到達できなかった原因を送信元にレポートするために利用する。

CiscoルータのTracerouteで利用するICMPメッセージ

Tracerouteで利用するICMPメッセージ

Point
ICMP到達不能メッセージ。
ICMP時間超過メッセージ。

ICMP

ICMPは

Point
IPヘッダでカプセル化されてIPパケットになる。
tracertはICMPパケットを利用する。

TCPヘッダとUDPヘッダ

TCPヘッダとUDPヘッダに共通するフィールド

Point
送信元ポート番号
宛先ポート番号
チェックサム

TCPヘッダのフィールド

TCPヘッダのフィールドについて

Point
ウィンドウサイズよってフロー制御。
シーケンス番号とACK番号によって、順序制御、確認応答、再送要求を行う。

フロー制御

フロー制御は

Point
ウィンドウサイズ。
バッファリング。
輻輳回避。
⇨ネットワークに流れるデータの転送量を制御。

UDP

UDPを使うアプリケーションは

Point
SNMP。
TFTP。
DHCP。

DHCP

DHCPのウェルノウンポート

Point
67。
68。

DHCP

DHCPについて

Point
設定変更は、DHCPクライアントにすぐに反映されない。
リース時間は24時間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です