【beatmaniaⅡDX】INFINITASとCS EMPRESSの違い【レビュー】

 こんにちは、行人(@ikuto1780)です。

 先日、地元のリサイクルショップでEMPRESSを偶然発見し、衝動買いしてしまいました。今までBMSとINFINITASしかやったことがなく、PS2版のBeatmaniaとはどういうものなのかと気になっていたので、手痛くも嬉しい出費となりました。
 そこで、今回は『Beatmania』の家庭用である、INFINITAS(PC版)EMPRESS(PS2版)の違いについて独断と偏見を交えて書きたいと思います。

INFINITAS

 INFINITASは、2015年12月1日に正式サービスが開始された、PC版のBeatmaniaです。
 家庭用(以降CS)で未収録であるⅡDX17 SIRIUSや、ⅡDX18 Resoat Anthemなどの曲が中心として収録されています。
 もちろんその2つだけではなく、各シリーズの人気楽曲も配信されており、1st styleからcopulaと楽曲の幅はとても広いです。(SPADA、PENDUALは現時点では無し)
 たくさんの楽曲が収録されているのですが、一部の楽曲は『BIT』と呼ばれるゲーム内通貨を使用して解放しないとプレイできません。このBITをゲーム内の『ミッション』を達成していくことで貯め、楽曲を解放する、というのが基本的な流れです。詳しくはこちら

良い点

 

・システムやオプション設定がアーケード(以降AC)とほぼ同じ
 fast、slow表示やLIFTなど、今までのCSには無いオプションがたくさんあり、ACと同じ環境で出来ます。
 ぼくには特にfast、slow表示がとても嬉しいです。これがないともともと悲惨なスコアがもっと悲惨になります。

・過去のCSに無い曲がプレイできる
 SIRIUS以降の曲もたくさん収録されているため、CSには無い曲も家でプレイできます。
 自分の練習したい曲がピンポイントであったりするので、とても嬉しいです。

悪い点

・BITがなかなか貯まらない
 先程も述べた通り、このゲームは『BIT』を貯めて楽曲を解放するのですが、これがなかなか貯まりません。
 Level11や12でAAAを安定して取ることが出来るような方は問題ないと思うのですが、Level8でAAを取るのがやっとであるぼくのような方にはBIT回収が辛いと感じるかもしれません。
 曲の難易度にもよりますが、Level8の楽曲は一曲解放に大体8,000~9,000BIT、そこからどんどん増えていき、Level12の曲は大体12,000BITかかります。
 参考までに、ぼくは毎日大体5,000~8,000BITくらい稼げています。AAAを取ることができればもっと稼げます。

・月額料金がかかる
 INFINITASをプレイするには『beatmania IIDX INFINITAS ベーシックコース』というものに加入しなくてはいけません。
 このコースは毎月1,598円かかるもので、支払いはPASELIかクレジットカードで行われます。
 これを安いと取るか高いと取るかはアナタ次第です。
 

CS EMPRESS

 CS EMPRESS(以降EMP)は、2009年10月15日に発売されました。
 この作品は過去作の人気曲が詰まった『PREMIUM BEST DISC』と、EMPからの新曲+SIRIUSからの先行収録された数曲の詰まった『EMPRESS DISC』の2枚組で、計180曲以上の収録という遊ぶだけなら十分すぎる作品です。
 それも相まって、2018年現在でも高い需要があり、Amazonでは中古でも10,000円以上という高額で取引されています。
 ぼくが地元の店で買ったときは中古でも税込み17,000円だったので、もし買うならAmazonで買ったほうが得策かもしれません。

良い点

・他のCS作品と比べて収録曲が多い
 過去のCSは収録曲数が平均90曲ほどですが、EMPに関しては180曲以上なので、どのCSを買おうか迷ってるときはとりあえずこれ買っとけとなります。
 買ったときの満足感がとにかくすごいです。

・永久保存版である
 ソフトを手に入れてしまえば、ディスクが壊れない限り永遠に遊べます。
 INFINITASは配信しているものなので、いつかは配信が終了してしまう可能性がありますが、これに関する心配はなくなります。いくらでも遊び放題です。

https://twitter.com/chasers2233/status/943723563713929217

悪い点

・入手しづらい
 Amazonなどの通販サイトならばあるかもしれませんが、もしお店で買おうとする場合は相当の労力を要する可能性があります。
 ぼくもCSのソフトを求めてブックオフやリサイクルショップを巡り歩きましたが、大きいお店に行かないとそもそもCSのソフト自体がありません。
 ぼくが購入したお店にはⅡDX RED以降の作品がほぼ全部あった(17/12/20日時点)ので、もし気になる方はぼくのTwitterの方に連絡ください。

・高額である
 他のCS作品と比べると、飛び抜けて高いです。
 一つ前のDJ TROOPERSは中古で3,800円程度でしたが、EMPは間違いなく10,000円を越えます。
 メルカリやラクマなどではまた違う金額で取引されているようですので、もし通販サイトで購入を検討している方はいろんなアプリやサイトを見ることをオススメします。
 (以前ラクマを覗いたときにはEMPが10,000円以下で取引されていたので、狙い目かも?)

まとめ

 ACと同じ環境でやりたいと考えている方、それとこれからBeatmaniaを本格的に始めたいという方にはINFINITASをおすすめします。
 やはりACと同じ環境で出来るという点がとても大きいので、月額1,600円を払う価値はあると思います。
 ですが、INFINITASにも収録されていない曲はたくさんあるので、自分のやりたい曲、練習したい曲が収録されている物を購入するのが良いと思います。
 CS作品もたくさんあるので、この記事やその他の記事を参考にして検討してみて下さい。
 Beatmaniaプレイヤーが一人でも多く増えることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です