AWW-DB/Storage

DB

こちらのブログは、管理人のKootam氏がAWSの資格試験、【AWS ソリューション アーキテクト アソシエイト (SAA)】に関する「たむログ」である。

今回は「DB・ストレージ」がテーマです。

Amazon FSx

Amazon FSxは

Point
フルマネージメント型
Point
SMBプロトコルを使用

Amazon EFS

Amazon EFSは

Point
NFSv4を使用

EMR

EMRは

Point
アプリケーションに対して、データ集約型のタスクを実行
ログ解析などに用いられる

Kinesis Analytics

Kinesis Analyticsは

Point
ストリーミングデータをリアルタイムでデータ処理

DynamoDBを利用すべきユースケース

DynamoDBを利用すべきユースケースは

Point
Kinesisストリームが処理した一連のデータ蓄積

データレイクを構築するとき

データレイクを構築するときは

Point
S3を利用

Neputune

Neputuneは

Point
グラフDB
データ間のマッピング表示による検索処理を実施

DynamoDB

DynamoDBは

Point
ビッグデータ解析向けのデータ蓄積
Point
結果整合性モデル
強い整合性モデルも可能
Point
利用負荷があらかじめ予測できる場合はプロビジョンドスループットを選択

DynamoDB Streams

DynamoDB Streamsは

Point
過去24時間以内のデータ変更の履歴を保存し、24時間を経過すると削除される
Point
操作が実施された順番に応じてデータはシリアライズされる
Point
データ容量はマネージド型で自動的に管理

Key Value Store型のストレージ

Key Value Store型のストレージは

Point
Amazon DynamoDB
Point
S3

参考URL

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
Amazon AWS 資格取得のための演習問題集(完全無料、オリジナル)

最後に

何かあれば、当記事は削除いたします。ご了承をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です