【CCNA】Ciscoデバイスの管理

昔も取り組んでいましたが、継続的に学習をしないと効果が出ません。

こちらのブログは、管理人のKootam氏がネットワークの資格試験
【CCNA】に合格するための「たむログ」である。

主に赤本という問題集で間違えた問題や
Ping-tで間違えた箇所を覚える(暗記)するために
まとめていきます。

Ciscoルータの起動時の設定情報

Ciscoルータの起動時の設定情報は

Point
NVRAMのstartup-config

CiscoルータのIOS

CiscoルータのIOSは

Point
フラッシュメモリに格納される。

0x2142

レジスタ0x2142では、

Point
ルータは必ず初期状態で起動する。

enable passwordとenable secret

enable passwordとenable secretの両方とも設定した場合は

Point
enable secretで設定したパスワードが適用される。

Vlanインターフェースがshutdown

Vlanインターフェースがshutdownされると、

Point
telnetなどスイッチへの管理用のアクセスができない。

telnetセッション数

Ciscoルータがデフォルトで受け付けるtelnetセッション数

Point
最大5つ。

telnet接続のセキュリティを向上させる方法

telnet接続のセキュリティを向上させる方法として、

Point
VTYにパスワードを設定する。
VTYにアクセスコントロールリストを適用して接続するホストを限定する。

ホストに設定することができないアドレス

ホストに設定することができないアドレスは

Point
ネットワークアドレス
ブロードキャストアドレス

競合しているアドレスの確認

競合しているアドレスの確認は

Point
sh ip dhcp conflict
また、競合しているIPアドレスはDHCPプールから除外される。

ip helper-address

ip helper-addressコマンド

Point
DCHPのメッセージをDHCPサーバへ中継する。
DHCPクライアントが存在するインターフェースで設定する。

ユニバーサルIOSイメージ

ユニバーサルIOSイメージ

Point
すべての機能を統合したIOSイメージである。
ライセンスを取得してアクティベートすると、それに応じた機能を利用できるようになる。

ライセンスをルータにインストール

ライセンスをルータにインストールするコマンドは

Point
license install url

CCNA関連記事

【CCNA】ネットワークの基本的な仕組み 【CCNA】TCP/IPプロトコル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です